ヤケマルタトオノ2020 -開催決定のお知らせ-

昨年は目に見える台風という形で
今年は目に見えないウイルスという形で
自然や外の世界は
私たちに何かを悟るように
気づくようにと、常々メッセージを
送り続けてくれているように感じます

○△□ ○△□ ○△□ ○△□

いま、あなたは/わたしは/私たち(人間)は
“ホントにホントのことはわからない”
という命題に
どう向き合うのが自然で
それでいて美しいんだろう

image

これまで携えてきた アレやコレ
持ち出してみたところで
目の前に広がる混沌とする風景に 
時折 立ちすくみ
それでもなお その中にか その先にか 
美しさを見つけたいと願う 私

2017年から”日向の森”を舞台に
自然や人びとと 共に学びあう私たちとて
それぞれのオノを持つオノオノ

感じかたもおそらく違い 楽しみかたも違い
価値観も ものさしも 
それぞれの歴史や物語も 
きっとあらゆることが違う中で
それでもぼんやりと分かちあえる なにか…

あるとすれば 地下水脈のように流れる
互いへの(違いの)『思いやり』
そして、オノオノの『主体性』

そこにのみ”私たち”がある ように思うのです

現在WEBページでは“ヤケマルタトオノ”
について、このように紹介しています

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

壊して 見つめて 抱きよせて
かの有名な理論も、その確かな技術も
ハタと目の前で引っくり返る

「ホントにホントのことはわからない」

答えは外に求めれば無いに等しく
内を見つめれば 確かにある
ならば勘違いくらいは大胆に
せめて自分らしい”野”をいこうじゃないか!

体の内・森の内
よく似た二つの世界へ跨がって
-炭[ヤケマルタ]と農林業[オノ]-
それと恋心を私たちの武器に
古くて新しい環境のつくり直しと

その祭りをスタートします

さぁ、野をいこう!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

わからないことばかり
だからこそ 私たちの物語は
続いていくのでしょう

たくさんのハテナ(?)には
人が創造しうる めいっぱいの可能性を
想像して 
勘違いなら
せめて 大胆に立ち向かったらいい 
そんな “野” の祭りを やろうじゃないか!

目には見えなくとも
それぞれの内には確かにある
『思いやり』と『主体性』 
を持ち寄って

”ヤケマルタトオノ2020” を開催いたします

今年のフィールド公開は2日間!

2020.11.14(土) – 11.15(日)
WEB: https://charcoal-and-axe.wo-un.com/yakeno2020/


CHARCOAL&AXE(ヤケマルタトオノ実行委員会)nk