hiroさん(横芝光町)

  • voice
hiroさん(横芝光町)

<盛り・守り・森・杜・護>
盛りあがった土地に木が生え、人が守り育て、森ができ、やがて杜になり、皆を護り。

森の役割ってなんだろう?
木材生産、水源涵養、CO2の吸収…もちろんそれも大事。
けれども、ただ森を歩くだけで、なんとも嬉しくなるのです。無数の発見があるのです。

大事なものは目には見えないって誰かが言ったけど、想像はできる。

一つの森ができるまでに関わるもの…地殻の変動、気候、動植物、そして人やお金や様々な思惑も。すべて含めて森はそこに在る。

長い年月と人の手をかけてできた森。これから長い年月をかけてつくる森。
森が森としてそこに在る、それがどんなに尊いことか。